びんぼうがみ あらすじ ②

目安時間: 2分
64 びんぼう神 画像②

けれども、喜のじいは、

 

「こまっているおじいさんを、追い出すようなことはできん。」

 

といって、ことわりました。

けれど、とうとうある日、喜のじいの家には、さいごのひとつぶの米もなくなってしまいました。 >> 続きを読む

びんぼうがみ あらすじ ①

目安時間: 3分
64 びんぼう神 画像①

とんとむかし。

 

山おくの村に、喜(よし)のじいとよばれるひとりのおじいさんが住んでいました。

そのころ、この村では、山向こうにびんぼう神というのがいて、それを家にとめると、たちまちその家はびんぼうになるといわれていました。

 

>> 続きを読む

ねずみのすもう あらすじ ②

目安時間: 3分
63 ねずみのすもう 画像②

そのあくる日のこと、

おじいさんが山へ行くと、

 

前の日と同じように、また

 

「どっこいしょ、どっこいしょ。」

 

という、かけ声が聞こえてきます。

 

行ってみると、きのうのようにねずみたちが、すもうをとっていました。

おじいさんがこっそり見ていると、やせねずみの強いこと、強いこと。

 

長者の家のねずみを、何度もばった、ばったと投げとばしています。

長者の家のねずみがいいました。

 

「どうして、おまえはひとばんでそんなに強くなったんだい。」

 

「おらは、夕べ、もちをうんとごちそうになったんだ。

それで強くなったのさ。」

 

それを聞いた長者の家のねずみは、

 

「それじゃ、おらもつれてってくれ。おらももちが食いてえ。」

 

ところが、やせねずみは、

 

「もうないんだよ。

家(うち)のおじいさんはもち米をぜんぶ使っちゃったから、正月がきても、もちが食えないんだよ。」

 

と、いいました。

 

 

おじいさんとおばあさんは、びんぼうなので、もち米をほんの少ししか持ってなかったのを、ねずみも知っていたのです。

それを聞くと長者の家のねずみは、

 

「それは気のどくなことだ。

おらが、もち米のあるところを知っているから、ついておいで。」

 

といって、やせねずみをつれて、長者の家のくらの中へ入っていきました。

そこには、もち米がぎっしりしまってありました。

 

二ひきのねずみは、そのもち米をせっせとおじいさんのところへ運んだので、おじいさんと、おばあさんは、いつももちをついては、たっぷり食べることができました。

 

 

 

 

ねずみのすもう あらすじ ①

目安時間: 3分
63 ねずみのすもう 画像①

むかし、あるところに、びんぼうなおじいさんとおばあさんが住んでいました。

ある日、おじいさんが山へ行くと、山の中から、

 

「どっこいしょ、どっこいしょ。」

 

という声が、聞こえてきました。

>> 続きを読む

養老の滝 あらすじ

目安時間: 4分
62 養老の滝

むかし、あるところに、長いこと病気でねたきりのおとうさんと、男の子がくらしていました。男の子は、病気のおとうさんのかわりに、毎日山へ行ってたきぎをひろい、それを町へ売りにいってくらしをたてていました。

 

「すまないねえ……。」

 

朝早くから山へはたらきに出かける男の子に、おとうさんは、ふとんの中から、苦しそうに声をかけました。

>> 続きを読む

羅生門のおに あらすじ ③

目安時間: 4分
61 羅生門のおに 画像③1

するとおばさんは、

 

「いったい、門をしめきっているのは、どういうわけだね。」

 

と、たずねました。

 

そこで綱がいちぶしじゅうを話したところ、おばさんはうれしそうに、

 

「そうかい。育ての子とはいえ、そのような大てがらをたててくれたとは、うれしくてなりません。綱や、そのおにのうでというのを、ひと目だけでも見せてくれぬかえ。」

 

しかし綱は、いくらおばさんでも、七日のあいだだけは見せられません。

>> 続きを読む

羅生門のおに あらすじ ②

目安時間: 3分
61 羅生門のおに 画像②

「ぎゃっはっはっはっ。綱め、まいったか!」

 

「うーむ、さてはおまえが、うわさの羅生門のおにか。羅生門におにが出るというのは、やはり本当だったんだな。ようし、もうにがさんぞ。」

 

 

そういって、綱はさっと刀をひきぬくと、ずばっとおにを切りはらいました。

 

「ぎゃあっ!」

 

おには、ものすごいさけび声をあげました。

綱はおにの右うでを切りとったのです。

>> 続きを読む

羅生門のおに あらすじ ①

目安時間: 3分
61 羅生門のおに 画像①

むかし、京の都では、おそろしいうわさに、人びとはふるえおののていました。

 

「羅生門におにが出るぞ。とって食われるぞ。近よるな。」

 

と、いうのです。

そこで、渡辺綱という強いさむらいがえらばれて、羅生門におに退治に行くことになりました。

>> 続きを読む

耳なし芳一 あらすじ ③

目安時間: 4分
60 耳なし芳一 画像

芳一は、暗いはか場のまん中にすわって、琵琶をひいていました。

そして、そのまわりを、いくつものおに火がとびかっているのでした。

 

(芳一は、ぼうれいにとりつかれたんだ。)

 

と、寺男は思いました。

くやしなみだとともに、海にしずんでいった、平家一族のぼうれいに。

>> 続きを読む

耳なし芳一 あらすじ ②

目安時間: 3分
60 耳なし芳一 画像②

曲が進んで、源氏と平家のさいごのたたかいの場面になりました。

たたかいにやぶれて、平家がほろんでいくざんねんな、悲しいようすを、芳一が曲にのせて語ると、しずまり返っていた人びとのあいだから、むせびなきの声が聞こえるのでした。

 

 

曲が終わっても、人びとは思いにしずんでいるらしく、しばらくは口をきく人もありませんでしたが、やがて、先ほどの家来が、

 

>> 続きを読む


おすすめ話
カテゴリー
タグ
えびのこしはなぜ曲がったか あらすじ おにのでてくるおはなし おむすびころりん あらすじ じごくのあばれもの あらすじ ねこのぼんおどり あらすじ ゆうれいが出てくる昔ばなし わらしべ長者 あらすじ 三枚のおふだ あらすじ 仁王とどっこい あらすじ 仏さまのでてくるおはなし 力太郎 あらすじ 化け物が出てくる昔ばなし 子ども 読み聞かせ 素材 小学生 声に出して読む物語 素材集 小学生 読む 聞かせる昔ばなし 山んばのでてくるおはなし 日本の昔ばなし 紹介サイト 日本昔話 あらすじ 日本昔話 えびのこしはなぜ曲がったか 日本昔話 怖いお話 日本昔話 じごくのあばれもの 日本昔話 ねこのぼんおどり 日本昔話 三枚のおふだ 日本昔話 仁王とどっこい 日本昔話 名作 日本昔話 子ども 読み聞かせ 日本昔話 楽しいお話 日本昔話 牛方と山んば 日本昔話 牛若丸 日本昔話 絵すがたにょうぼう 日本昔話 花さかじいさん 日本昔話 読み聞かせ 日本昔話 読み聞かせ 素材 日本昔話 あらすじ 日本昔話 おむすびころりん 日本昔話 不思議なお話 日本昔話 力太郎 日本昔話 楽しいお話 桃太郎 読む 聞かせる昔ばなし 牛方と山んば あらすじ 牛若丸 あらすじ 絵すがたにょうぼう あらすじ 耳なし芳一 読む 聞かせる昔ばなし 花さかじいさん あらすじ 読み聞かせ 素材

ページの先頭へ