日本昔話人気トップ3!


金太郎 あらすじ②

目安時間: 3分




31%e3%80%80%e9%87%91%e5%a4%aa%e9%83%8e%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a1

「じゃあ、みんなにらんぼうしたり、いじめたりしないか。」

 

「しません、しません。」

 

こうして、くまもなかまになりました。

 




 

ある日のこと、りすが、

 

「金太郎さん、向こうの山へ、くりひろいに行こうよ。」

 

「よし、行こう!」

 

 

 

動物たちは、みんな元気よく出かけていきました。

ところが、がけのところまで行くと、川にかかっていた橋がありません。

あらしに流されてしまったのでしょう。

これでは向こう岸にわたれません。

 

「こまったなあ。」

 

と、みんながためいきをつくと、

 

「よーし、橋を作ってやろう。」

 

金太郎はこういって、近くに生えていた大きな木を引っこぬこうと、両手で引っぱり始めました。

 

「うーん、うーん。」

 

すると、やがて、ミシミシ、バリバリと音がして、木の根がぬけ始めます。

 

「えーい、えーい。」

 

金太郎が、力いっぱい木を引っぱると、どっすーんと、とうとう大きな木が根本からぬけてしまいました。

 

「金太郎さんて、すごいなあ。」

 

「ありがとう、金太郎さん。」

 

みんなは、口ぐちにほめました。

金太郎は、その木を川の向こう岸へわたして丸木橋を作りました。

 

「さあ、これでよし。わたれるよ。」

 

 

 

みんなは橋をわたって、くりひろいに行きました。

このようすを、物かげからこっそり見ていた人がいました。

都のえらいおさむらいが、おともをつれて、山へ狩りにきていたのです。

 

「すごい男の子がいる。」

 

おさむらいはびっくりして、おともにいいました。

 

「ぜひとも、あの男の子を、わたしの家来にほしいものだ。」

 

 

 

こうして、金太郎は都へ上ることになり、のちには、坂田金時(さかたのきんとき)と名をあらためて、たいそう強い、りっぱなおさむらいになったということです。

 

 

 

 



関連・類似しているお話


おすすめ話
カテゴリー
タグ
えびのこしはなぜ曲がったか あらすじ おにのでてくるおはなし おむすびころりん あらすじ じごくのあばれもの あらすじ ねこのぼんおどり あらすじ ゆうれいが出てくる昔ばなし わらしべ長者 あらすじ 三枚のおふだ あらすじ 仁王とどっこい あらすじ 仏さまのでてくるおはなし 力太郎 あらすじ 化け物が出てくる昔ばなし 子ども 読み聞かせ 素材 小学生 声に出して読む物語 素材集 小学生 読む 聞かせる昔ばなし 山んばのでてくるおはなし 日本の昔ばなし 紹介サイト 日本昔話 あらすじ 日本昔話 えびのこしはなぜ曲がったか 日本昔話 怖いお話 日本昔話 じごくのあばれもの 日本昔話 ねこのぼんおどり 日本昔話 三枚のおふだ 日本昔話 仁王とどっこい 日本昔話 名作 日本昔話 子ども 読み聞かせ 日本昔話 楽しいお話 日本昔話 牛方と山んば 日本昔話 牛若丸 日本昔話 絵すがたにょうぼう 日本昔話 花さかじいさん 日本昔話 読み聞かせ 日本昔話 読み聞かせ 素材 日本昔話 あらすじ 日本昔話 おむすびころりん 日本昔話 不思議なお話 日本昔話 力太郎 日本昔話 楽しいお話 桃太郎 読む 聞かせる昔ばなし 牛方と山んば あらすじ 牛若丸 あらすじ 絵すがたにょうぼう あらすじ 耳なし芳一 読む 聞かせる昔ばなし 花さかじいさん あらすじ 読み聞かせ 素材

ページの先頭へ