おんたけ池とおとのさま あらすじ①

目安時間: 2分
27%e3%80%80%e3%81%8a%e3%82%93%e3%81%9f%e3%81%91%e6%b1%a0%e3%81%a8%e3%81%8a%e3%81%a8%e3%81%ae%e3%81%95%e3%81%be%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a0

むかし、おんたけ池という池がありました。

 

きれいな水がわいていて、まわりにはたくさんの木がしげり、木(こ)かげが広がっていました。

 

旅人達はこのあたりを通るたびに、このおんたけ池でひと休みするのでした。

>> 続きを読む

しょじょ寺のたぬきばやし あらすじ③

目安時間: 2分
26%e3%80%80%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%98%e3%82%87%e5%af%ba%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%81%ac%e3%81%8d%e3%81%b0%e3%82%84%e3%81%97%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a2

「しようがない。こうなったら、あの手だ!」

 

そのばん、ふとんに入ってぐっすりねていたおしょうさんは、何やらそうぞうしい物音で目がさめました。

戸を開けてみると、お寺の庭にたぬきたちがせいぞろいして、まるく輪になって、はらづつみを打っています。

>> 続きを読む

しょじょ寺のたぬきばやし あらすじ②

目安時間: 2分
26%e3%80%80%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%98%e3%82%87%e5%af%ba%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%81%ac%e3%81%8d%e3%81%b0%e3%82%84%e3%81%97%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a1

ところが、ある日、うすよごれた身なりのおしょうさんが、とことこと山寺の石だんを上ってきました。

 

「ここが、しょじょ寺か。なかなかいいところだわい。」

 

また、新しいおしょうさんがきたのです。

たぬきたちは、にやにやしました。

>> 続きを読む

しょじょ寺のたぬきばやし あらすじ①

目安時間: 2分
26%e3%80%80%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%98%e3%82%87%e5%af%ba%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%81%ac%e3%81%8d%e3%81%b0%e3%82%84%e3%81%97%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a0

むかし、ある山のおくに、しょじょ寺(じ)というお寺がありました。

 

山にはたぬきがたくさん住んでいましたが、夜になると、化けて出たり、はらづつみを打ったり、あばれたりして、いたずらのしほうだいをしていました。

 

>> 続きを読む

沢尻のおに六郎 あらすじ③

目安時間: 2分
25%e3%80%80%e6%b2%a2%e5%b0%bb%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%ab%e5%85%ad%e9%83%8e%e2%91%a2

ねんぐの米をぶじにおさめると、六郎は馬に乗って、またのんびりと帰っていきました。

 

とちゅうでさきほどの寺の前を通りかかると、男たちが大きなわらたばをこしらえて待っていました。

>> 続きを読む

沢尻のおに六郎 あらすじ②

目安時間: 2分
25%e3%80%80%e6%b2%a2%e5%b0%bb%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%ab%e5%85%ad%e9%83%8e%e2%91%a1

六郎がまたのんびりうまを引いていくと、川にでました。

小さい川には橋がかかっていました。

六郎が橋をわたっていると、向こうから強そうなおさむらいがやってきました。

 

>> 続きを読む

沢尻のおに六郎 あらすじ①

目安時間: 2分
25%e3%80%80%e6%b2%a2%e5%b0%bb%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%ab%e5%85%ad%e9%83%8e%e2%91%a0

むかし、沢尻というところに、六郎という男がおりました。六郎は、体も大きく力持ちです。

 

ところがたいへんななまけ者で、仕事をするのは大きらい。

食っちゃね、食っちゃねをしていました。

 

>> 続きを読む

炭やき長者 あらすじ②

目安時間: 2分
24%e3%80%80%e7%82%ad%e3%82%84%e3%81%8d%e9%95%b7%e8%80%85%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a1

藤太はしかたなく、家に帰って、そのことを話すと、およめさんはおどろいて、

 

「あの黄金があれば、かもは百わでも二百わでも買えるのに。なんてばかなことを。」

 

と、いいました。

 

>> 続きを読む

炭やき長者 あらすじ①

目安時間: 2分
24%e3%80%80%e7%82%ad%e3%82%84%e3%81%8d%e9%95%b7%e8%80%85%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a0

ある山おくの村に、炭やきの藤太(とうた)というしんじん深い若者がいました。

 

ある日のこと、見たこともない美しいむすめが、藤太のまずしい小屋をたずねてきて、

 

「わたしを、およめにしてください。」

 

と、いうのです。

>> 続きを読む

じごくのあばれもの あらすじ④

目安時間: 2分
23%e3%80%80%e3%81%98%e3%81%94%e3%81%8f%e3%81%ae%e3%81%82%e3%81%b0%e3%82%8c%e3%82%82%e3%81%ae%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a3

「わしのはらの中で、とけちまえ!」

 

「とけてはたいへん。薬をぬりましょう。」

 

医者が、体がとけない薬を作ってくれたので、三人は楽しく、えんまさまのおなかの中をさんぽすることにしました。

>> 続きを読む


おすすめ話
カテゴリー
タグ
えびのこしはなぜ曲がったか あらすじ おにのでてくるおはなし おむすびころりん あらすじ じごくのあばれもの あらすじ ねこのぼんおどり あらすじ ゆうれいが出てくる昔ばなし わらしべ長者 あらすじ 三枚のおふだ あらすじ 仁王とどっこい あらすじ 仏さまのでてくるおはなし 力太郎 あらすじ 化け物が出てくる昔ばなし 子ども 読み聞かせ 素材 小学生 声に出して読む物語 素材集 小学生 読む 聞かせる昔ばなし 山んばのでてくるおはなし 日本の昔ばなし 紹介サイト 日本昔話 あらすじ 日本昔話 えびのこしはなぜ曲がったか 日本昔話 怖いお話 日本昔話 じごくのあばれもの 日本昔話 ねこのぼんおどり 日本昔話 三枚のおふだ 日本昔話 仁王とどっこい 日本昔話 名作 日本昔話 子ども 読み聞かせ 日本昔話 楽しいお話 日本昔話 牛方と山んば 日本昔話 牛若丸 日本昔話 絵すがたにょうぼう 日本昔話 花さかじいさん 日本昔話 読み聞かせ 日本昔話 読み聞かせ 素材 日本昔話 あらすじ 日本昔話 おむすびころりん 日本昔話 不思議なお話 日本昔話 力太郎 日本昔話 楽しいお話 桃太郎 読む 聞かせる昔ばなし 牛方と山んば あらすじ 牛若丸 あらすじ 絵すがたにょうぼう あらすじ 耳なし芳一 読む 聞かせる昔ばなし 花さかじいさん あらすじ 読み聞かせ 素材

ページの先頭へ