日本昔話人気トップ3!


牛方と山んば あらすじ②

目安時間: 3分




44 牛方と山んば 画像②

山んばは、食うものがなくなると、いいました。

 

「牛方よう。その牛をよこせ、その牛を食わせろ。」

 

牛方は、もうこれはいかんと思って、牛をそこにほうり出したまま、にげ出しました。




 

すると、山んばは、魚を食べるのと同じように、牛も、のこらず食べてしまいました。

そのあいだに牛方は、どんどん走ってにげましたが、山んばは、

 

「今度は、おまえをとって食うぞうっ。」

 

と、かみの毛をふりみだし、まっかな大きな口を開けて追いかけてきます。

 

もうすっかり夜になって、あたりは暗くなっていました。

そのおそろしいことといったらありません。

 

牛方はむちゅうで走っていくと、向こうの方に明かりが見えました。

やれありがたやと、その家にとびこみました。

 

ところが、中にはだれも人がいません。

なんともきたない家で、いろりにはとろとろと火がもえています。

牛方は気味が悪くなって、てんじょううらに上がって、かくれました。

 

 

すると、だれかが帰ってくる気配がしました。

のぞいてみると、なんと山んばでありませんか。

そこは、山んばの家だったのです。

 

「やあれ、食うた食うた。さばを食い、牛を一頭食ったが、牛方をにがしたのがおしかったわい。牛方のかわりに、もちでもやいて食うべえ。」

 

といって、山んばは、いろりでもちをやき始めました。

そのうち、つかれが出たのか、こっくりこっくり、いねむりを始めました。

もちはやけて、おいしそうなにおいがしてきました。

牛方は、急におなかがすいて、たまらなくなりました。

 

 

「牛方と山んば」 あらすじ③に続きます

 

 



関連・類似しているお話


おすすめ話
カテゴリー
タグ
えびのこしはなぜ曲がったか あらすじ おにのでてくるおはなし おむすびころりん あらすじ じごくのあばれもの あらすじ ねこのぼんおどり あらすじ ゆうれいが出てくる昔ばなし わらしべ長者 あらすじ 三枚のおふだ あらすじ 仁王とどっこい あらすじ 仏さまのでてくるおはなし 力太郎 あらすじ 化け物が出てくる昔ばなし 子ども 読み聞かせ 素材 小学生 声に出して読む物語 素材集 小学生 読む 聞かせる昔ばなし 山んばのでてくるおはなし 日本の昔ばなし 紹介サイト 日本昔話 あらすじ 日本昔話 えびのこしはなぜ曲がったか 日本昔話 怖いお話 日本昔話 じごくのあばれもの 日本昔話 ねこのぼんおどり 日本昔話 三枚のおふだ 日本昔話 仁王とどっこい 日本昔話 名作 日本昔話 子ども 読み聞かせ 日本昔話 楽しいお話 日本昔話 牛方と山んば 日本昔話 牛若丸 日本昔話 絵すがたにょうぼう 日本昔話 花さかじいさん 日本昔話 読み聞かせ 日本昔話 読み聞かせ 素材 日本昔話 あらすじ 日本昔話 おむすびころりん 日本昔話 不思議なお話 日本昔話 力太郎 日本昔話 楽しいお話 桃太郎 読む 聞かせる昔ばなし 牛方と山んば あらすじ 牛若丸 あらすじ 絵すがたにょうぼう あらすじ 耳なし芳一 読む 聞かせる昔ばなし 花さかじいさん あらすじ 読み聞かせ 素材

ページの先頭へ