日本昔話人気トップ3!


さるっこむかし あらすじ②

目安時間: 3分




52 さるっこむかし 画像②

しばらくして、大将ざるが、みんなにかつがれて帰ってきました。

 

「頭もはらもいたい。うーん、うーん。」

 

苦しそうにうなっています。




 

「どうしたらよかろう。

ひとつ田んぼのコッキュウボウをよんでみるべえ。」

 

さるたちはそうだんして、コッキュウボウをよびに行きました。

 

 

てんじょううらにかくれている男は、いったいどんなやつがやってくるのかと息をころしていると、びったんびったんと、やってきたのは、年とったがまがえるで、古い本をだいじそうにかかえています。

 

「大将さまがご病気とは、気のどくじゃの。」

 

といって、びたっとすわり、もっともらしく本をめくっていましたが、やがて、

 

「天にどうどう、地にがあがあ。ちゅうぶらりんのまっ黒け。

湯か茶で飲む。きこしめせ。」

 

そういうと、ぴょーんととび上がり、大あわてではねていってしまいました。

 

しかし、さるたちには、何のことかさっぱりわかりません。

そこで、今度は、上の山のマンプクジンをよびに行きました。

 

 

さあ、マンプクジンとはどんなやつかと、男がてんじょううらで待っていると、やがてきたのは古だぬきでした。

これも古ぼけた本を持ってきて、ぺらりぺらりとめくっていましたが、

 

「ええ、と。

天にどうどう、地にがあがあ。ちゅうぶらりんのまっ黒け。

湯か茶で飲む。きこしめせ。」

 

そういうと、ぴょーんととび上がって、急いで走って帰っていきました。

 

「うーん、わからん、わからん。」

 

大ぜいのさるどもは、頭をかかえて考えこんでしまいました。

てんじょううらにかくれていた男は、

 

「それっ、今だ!」

 

と、犬といっしょにとび出しました。

あわてふためくさるどもに、犬はとびかかってかみつき、男はにげまわるさるどもをめがけててっぽうをがんがんぶっぱなしました。

 

 

そうして、さるどもをぜんぶ退治してしまいましたとさ。

 

 

天にどうどう、地にがあがあ ---。

 

 

 

 



関連・類似しているお話


おすすめ話
カテゴリー
タグ
えびのこしはなぜ曲がったか あらすじ おにのでてくるおはなし おむすびころりん あらすじ じごくのあばれもの あらすじ ねこのぼんおどり あらすじ ゆうれいが出てくる昔ばなし わらしべ長者 あらすじ 三枚のおふだ あらすじ 仁王とどっこい あらすじ 仏さまのでてくるおはなし 力太郎 あらすじ 化け物が出てくる昔ばなし 子ども 読み聞かせ 素材 小学生 声に出して読む物語 素材集 小学生 読む 聞かせる昔ばなし 山んばのでてくるおはなし 日本の昔ばなし 紹介サイト 日本昔話 あらすじ 日本昔話 えびのこしはなぜ曲がったか 日本昔話 怖いお話 日本昔話 じごくのあばれもの 日本昔話 ねこのぼんおどり 日本昔話 三枚のおふだ 日本昔話 仁王とどっこい 日本昔話 名作 日本昔話 子ども 読み聞かせ 日本昔話 楽しいお話 日本昔話 牛方と山んば 日本昔話 牛若丸 日本昔話 絵すがたにょうぼう 日本昔話 花さかじいさん 日本昔話 読み聞かせ 日本昔話 読み聞かせ 素材 日本昔話 あらすじ 日本昔話 おむすびころりん 日本昔話 不思議なお話 日本昔話 力太郎 日本昔話 楽しいお話 桃太郎 読む 聞かせる昔ばなし 牛方と山んば あらすじ 牛若丸 あらすじ 絵すがたにょうぼう あらすじ 耳なし芳一 読む 聞かせる昔ばなし 花さかじいさん あらすじ 読み聞かせ 素材

ページの先頭へ