日本昔話人気トップ3!


耳なし芳一 あらすじ ②

目安時間: 3分




60 耳なし芳一 画像②

曲が進んで、源氏と平家のさいごのたたかいの場面になりました。

たたかいにやぶれて、平家がほろんでいくざんねんな、悲しいようすを、芳一が曲にのせて語ると、しずまり返っていた人びとのあいだから、むせびなきの声が聞こえるのでした。

 

 

曲が終わっても、人びとは思いにしずんでいるらしく、しばらくは口をきく人もありませんでしたが、やがて、先ほどの家来が、

 




 

「ごくろうじゃった。そなたの琵琶はじつにすばらしい。

とのもたいそうよろこんでおられる。」

 

「ありがとうぞんじます。」

 

「ついては、あしたのばんも、あさってのばんも、毎ばんそなたの琵琶を聞きたいとおっしゃる。

芳一、どうか毎ばんこのやかたへきてくれ。わしがむかえに行く。

ほうびは思いのままのものをやろう。

だが、寺にもどっても、このことはだれにも話してならぬ。

よいな。」

 

 

次の夜も、その次の夜も、芳一はむかえのさむらいについてやかたへ行き、人びとに琵琶をひき語って聞かせました。

 

 

おしょうさんは、芳一が毎ばんのように明け方になってもどってくるのを知って、芳一にどこへ行っているのか、とたずねました。

しかし芳一は、やかたでのやくそくを守って、ひとことも話しませんでした。

 

おしょうさんは、何かわけがあるにちがいないと思い、寺男に、芳一が出かけていったら、あとをつけるようにいいつけました。

 

そのばんも、芳一は出かけていくので、寺男がそっとあとをつけていくと、目が見えないはずの芳一が、たいそう早足で歩いていきます。

 

そして、はか場のあたりで、ふっとすがたが見えなくなってしまいました。

 

「いったい、どこへ行ったんだろう。」

 

寺男があちこちさがし回ると、(あっ。)もう少しで声に出してさけぶところでした。

それほど、寺男が見た光景はおそろしいものだったのです。

 

 

「耳なし芳一」 あらすじ③に続きます

 

 



関連・類似しているお話


おすすめ話
カテゴリー
タグ
えびのこしはなぜ曲がったか あらすじ おにのでてくるおはなし おむすびころりん あらすじ じごくのあばれもの あらすじ ねこのぼんおどり あらすじ ゆうれいが出てくる昔ばなし わらしべ長者 あらすじ 三枚のおふだ あらすじ 仁王とどっこい あらすじ 仏さまのでてくるおはなし 力太郎 あらすじ 化け物が出てくる昔ばなし 子ども 読み聞かせ 素材 小学生 声に出して読む物語 素材集 小学生 読む 聞かせる昔ばなし 山んばのでてくるおはなし 日本の昔ばなし 紹介サイト 日本昔話 あらすじ 日本昔話 えびのこしはなぜ曲がったか 日本昔話 怖いお話 日本昔話 じごくのあばれもの 日本昔話 ねこのぼんおどり 日本昔話 三枚のおふだ 日本昔話 仁王とどっこい 日本昔話 名作 日本昔話 子ども 読み聞かせ 日本昔話 楽しいお話 日本昔話 牛方と山んば 日本昔話 牛若丸 日本昔話 絵すがたにょうぼう 日本昔話 花さかじいさん 日本昔話 読み聞かせ 日本昔話 読み聞かせ 素材 日本昔話 あらすじ 日本昔話 おむすびころりん 日本昔話 不思議なお話 日本昔話 力太郎 日本昔話 楽しいお話 桃太郎 読む 聞かせる昔ばなし 牛方と山んば あらすじ 牛若丸 あらすじ 絵すがたにょうぼう あらすじ 耳なし芳一 読む 聞かせる昔ばなし 花さかじいさん あらすじ 読み聞かせ 素材

ページの先頭へ