日本昔話人気トップ3!


三枚のおふだ あらすじ③

目安時間: 4分




40 三枚のおふだ 画像③

みるみるうちに、山んばとのあいだに大きな山ができました。

 

 

こぞうは、そのすきに、走って走って、やっとお寺にたどり着きました。

 

「おしょうさま、おしょうさま。」

 

こぞうは大声でよびました。

が、おしょうさまはねているらしく、しいんとしずまり返っています。




 

「おしょうさま、開けてくれえ、山んばが追いかけてくるう。」

 

と、いいながら、ドンドンと、戸をたたきました。

 

おしょうさまは、やっと目をさまし、

 

「まあ、そうせくな、ふんどししめて。」

 

と、のんびりいいました。

 

「おしょうさま、早く、山んばがくるよう。」

 

「まあ、そうせくな、着物を着て。」

 

「おしょうさま、早く、早くう。」

 

「まあ、そうせくな、わらぞうりをはいて。」

 

と、いいながら、おしょうさんは、やっと戸を開けました。

 

 

山んばの話を聞くと、おしょうさんは、こぞうを長持(ながもち)にかくしました。

すぐに山んばがやってきて、お寺の戸をけやぶり、中にとびこんできました。

 

中ではおしょうさんがひとりでお茶を飲んでいます。

 

「こらっ、こぞうがさっき、ここへにげてきただろう。

こぞうを出せ!かくすと、おまえを先に食っちまうぞ!」

 

おしょうさんは、ごくりとお茶をおいしそうに飲んで、

 

「それじゃあ、わしと化けくらべをしよう。おまえが勝ったら食われてやる。」

 

化けくらべにはじしんがある山んばは、にやりと笑うと、

 

「ようし、おもしれえ。やるべえ。」

 

そこで、おしょうさんは、

 

「それじゃあ、おまえ、のみに化けられるか。」

 

「そんなもの、朝めしまえだ。」

 

そういうが早いか、山んばは一ぴきののみに化けて、ぴょんぴょんはねてみせました。

 

「おお、みごと、みごと。」

 

おしょうさんは、そういいながら、のみをつかまえて、ピチンとつめでつぶしてしまいました。

 

 

それでもう、その山には山んばが二度と出ることはなくなって、こぞうも村の人も、おいしいくりを、安心してはらいっぱい食べることができるようになりました。

 

 

 

 



関連・類似しているお話


おすすめ話
カテゴリー
タグ
えびのこしはなぜ曲がったか あらすじ おにのでてくるおはなし おむすびころりん あらすじ じごくのあばれもの あらすじ ねこのぼんおどり あらすじ ゆうれいが出てくる昔ばなし わらしべ長者 あらすじ 三枚のおふだ あらすじ 仁王とどっこい あらすじ 仏さまのでてくるおはなし 力太郎 あらすじ 化け物が出てくる昔ばなし 子ども 読み聞かせ 素材 小学生 声に出して読む物語 素材集 小学生 読む 聞かせる昔ばなし 山んばのでてくるおはなし 日本の昔ばなし 紹介サイト 日本昔話 あらすじ 日本昔話 えびのこしはなぜ曲がったか 日本昔話 怖いお話 日本昔話 じごくのあばれもの 日本昔話 ねこのぼんおどり 日本昔話 三枚のおふだ 日本昔話 仁王とどっこい 日本昔話 名作 日本昔話 子ども 読み聞かせ 日本昔話 楽しいお話 日本昔話 牛方と山んば 日本昔話 牛若丸 日本昔話 絵すがたにょうぼう 日本昔話 花さかじいさん 日本昔話 読み聞かせ 日本昔話 読み聞かせ 素材 日本昔話 あらすじ 日本昔話 おむすびころりん 日本昔話 不思議なお話 日本昔話 力太郎 日本昔話 楽しいお話 桃太郎 読む 聞かせる昔ばなし 牛方と山んば あらすじ 牛若丸 あらすじ 絵すがたにょうぼう あらすじ 耳なし芳一 読む 聞かせる昔ばなし 花さかじいさん あらすじ 読み聞かせ 素材

ページの先頭へ