日本昔話人気トップ3!


船ゆうれい あらすじ

目安時間: 2分




58 船ゆうれい

むかしは、漁船が遠い沖に出て、魚をとっていると、時どき、船ゆうれいが出たということです。

 

船ゆうれいが出る時は、沖へ出た漁船が、夕方になって港へ帰っていったあと、まだ、おそくまでのこって沖で漁をしていたり、おくれて一そうだけで帰るような時でした。

 

そこで漁船の人たちは、みんなにおくれないように、いっしょうけんめい船をこいで、そろって港へ帰るようにしていました。




 

そうしないと、海で死んだ人の霊が船ゆうれいとなってあらわれ、船をしずめてしまうからです。

 

船ゆうれいは、今にもしずみそうな、あれはてた船に乗ってあらわれ、

 

「ひしゃくをくれ~~。」

 

と、海のそこからひびくような、ぶきみな声でよぶのです。

 

 

そのような時、船ゆうれいにひしゃくをわたしたらさいご、たいへんです。

ひしゃくで海の水をどんどんすくってこちらの船に入れてよこし、船をしずめてしまうのです。

こうしてしずんだ船も、たくさんあったそうです。

 

そこで、どうしたらよいかと、船乗りたちがみんなで話し合ったところ、ちえのある人がいて、こういいました。

 

「船ゆうれいが出たら、ひしゃくのそこをぬいてわたしてやれ。」

 

ある時、そのとおりにしてひしゃくをわたしてやると、船ゆうれいは、くんでもくんでも海の水がくめないので、とうとうつかれはてて、海のそこにしずんでしまいました。

 

その時から、船ゆうれいは出なくなったということです。

 

 

 

 



関連・類似しているお話


おすすめ話
カテゴリー
タグ
えびのこしはなぜ曲がったか あらすじ おにのでてくるおはなし おむすびころりん あらすじ じごくのあばれもの あらすじ ねこのぼんおどり あらすじ ゆうれいが出てくる昔ばなし わらしべ長者 あらすじ 三枚のおふだ あらすじ 仁王とどっこい あらすじ 仏さまのでてくるおはなし 力太郎 あらすじ 化け物が出てくる昔ばなし 子ども 読み聞かせ 素材 小学生 声に出して読む物語 素材集 小学生 読む 聞かせる昔ばなし 山んばのでてくるおはなし 日本の昔ばなし 紹介サイト 日本昔話 あらすじ 日本昔話 えびのこしはなぜ曲がったか 日本昔話 怖いお話 日本昔話 じごくのあばれもの 日本昔話 ねこのぼんおどり 日本昔話 三枚のおふだ 日本昔話 仁王とどっこい 日本昔話 名作 日本昔話 子ども 読み聞かせ 日本昔話 楽しいお話 日本昔話 牛方と山んば 日本昔話 牛若丸 日本昔話 絵すがたにょうぼう 日本昔話 花さかじいさん 日本昔話 読み聞かせ 日本昔話 読み聞かせ 素材 日本昔話 あらすじ 日本昔話 おむすびころりん 日本昔話 不思議なお話 日本昔話 力太郎 日本昔話 楽しいお話 桃太郎 読む 聞かせる昔ばなし 牛方と山んば あらすじ 牛若丸 あらすじ 絵すがたにょうぼう あらすじ 耳なし芳一 読む 聞かせる昔ばなし 花さかじいさん あらすじ 読み聞かせ 素材

ページの先頭へ