日本昔話人気トップ3!


なしとり兄弟 あらすじ②

目安時間: 4分




45 なしとり兄弟 画像②

兄さんが帰ってこないので、三郎が出かけていきました。

岩の上に、おばあさんがすわっていたので、兄さんたちを知らないかと、たずねました。

 

「わしのいうことをきかないので、もどれなくなったんじゃ。

おまえはよく聞いていけ。」

 

といって、兄さんたちにしたのと同じ話を三郎にして、刀をくれました。

 




 

三郎がどんどん行くと、道が三つにわかれているところへきました。

 

よく聞いてみると、ささが、

 

「行けっちゃガサガサ、行くなっちゃガサガサ。」

 

と、鳴っています。

 

三郎が、

 

「行けっちゃガサガサ。」

 

と鳴っている道を進んでいくと、木のえだで山ばとが、

 

「行けっちゃポッポッ。」

 

と、鳴いています。

 

どんどん行くと、大きなぬまのほとりに、山なしがざらんざらんとなっていました。

その山なしは風がふくたびに、

 

 

東のがわはおっかねえぞ

西のがわはあぶねえぞ

北のがわはかげうつる

南のがわから登るべし

ざらんざらん

 

と、歌っていました。

 

その歌のとおりに、三郎は南のがわから山なしの木に登って、おいしそうな実をずっぱりもぎました。

 

(これで、おっかあに山なしをいっぱい食べさせてやれるぞ。)

 

そう思った三郎は、うっかり反対がわのえだに足をかけてしまいました。

 

三郎のかげが、ぬまにうつりました。

するとぬまの主があらわれ、三郎を飲もうとしましたが、三郎は、おばあさんからもらった刀をぬいて、ぬまの主に切りつけました。

 

ぬまの主は、切られたところからみるみる色がかわって死んでしまいました。

 

すると、ぬまの主のおなかの中で、

 

「おおい、三郎やーい。」

 

と、よぶ声がします。

おなかをわってみると、兄の太郎と次郎がでてきました。

 

 

こうして三人は、ぶじにおかあさんのところへ帰りました。

兄弟が持って帰った山なしを食べると、おかあさんの病気はみるみるよくなって、すっかり元気になりました。

 

兄弟三人とおかあさんは、なかよく、しあわせにくらしたということです。

 

 

 

 



関連・類似しているお話


おすすめ話
カテゴリー
タグ
えびのこしはなぜ曲がったか あらすじ おにのでてくるおはなし おむすびころりん あらすじ じごくのあばれもの あらすじ ねこのぼんおどり あらすじ ゆうれいが出てくる昔ばなし わらしべ長者 あらすじ 三枚のおふだ あらすじ 仁王とどっこい あらすじ 仏さまのでてくるおはなし 力太郎 あらすじ 化け物が出てくる昔ばなし 子ども 読み聞かせ 素材 小学生 声に出して読む物語 素材集 小学生 読む 聞かせる昔ばなし 山んばのでてくるおはなし 日本の昔ばなし 紹介サイト 日本昔話 あらすじ 日本昔話 えびのこしはなぜ曲がったか 日本昔話 怖いお話 日本昔話 じごくのあばれもの 日本昔話 ねこのぼんおどり 日本昔話 三枚のおふだ 日本昔話 仁王とどっこい 日本昔話 名作 日本昔話 子ども 読み聞かせ 日本昔話 楽しいお話 日本昔話 牛方と山んば 日本昔話 牛若丸 日本昔話 絵すがたにょうぼう 日本昔話 花さかじいさん 日本昔話 読み聞かせ 日本昔話 読み聞かせ 素材 日本昔話 あらすじ 日本昔話 おむすびころりん 日本昔話 不思議なお話 日本昔話 力太郎 日本昔話 楽しいお話 桃太郎 読む 聞かせる昔ばなし 牛方と山んば あらすじ 牛若丸 あらすじ 絵すがたにょうぼう あらすじ 耳なし芳一 読む 聞かせる昔ばなし 花さかじいさん あらすじ 読み聞かせ 素材

ページの先頭へ